受容と共感・・・というのは

自分をないがしろにして、或いは捻じ曲げて
相手(周囲)に染まる、染められる、

ということではありませぬ。

 

あるがままということは、
すべての思考行動をノーコントロールで表現放出することではありませぬ。

 

受容と共感とは、
思考行動を含めた互いの違い、立ち位置、間にある境界線の存在や距離を認めること。

 

あるがままにということは、
自分の心に存在するものを濾過して表現すること、となります。

 

したがって、内観なしには成し得ません。

挑戦し甲斐のあることです。


けれど強いられる義務も強いる権利もありませぬ(^m^)

 

 


 

 

『きょうのつぶやき』過去記事はこちらです。

カテゴリの中から「きょうのつぶやき」をお選びください。

 

春菊(菊菜) 

花言葉

とっておき・豊富

 

BBS7.COM
MENU RND NEXT
カウンセリングルーム・データベース
全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】